ムツヘタ・ゴリ・ウプリスツィヘのツアー

グルジアの町が住宅地になったのはおよそ紀元前8-9世紀です。インドからの商売道路がムトゥクワリ川やリオニ川の低地から黒海まで続いていました。ムツヘタ、ゴリ、ウフリスツィヘ、クタイシなどの町が商売や製造の中心地として発展を遂げました。グルジア土地は古代の交差点であり、多様の文明社会が記憶されています。ムツヘタ古都はその道路の沿って位置しています。

主な見所:ユネスコの世界遺産として認定され、紀元前2世紀から栄えてきた古都ムツヘタの教会全体は中世コーカサスでの宗教建築の立派な例となっています。6世紀に建てられたジュワリ修道院が「十字架」の意味を持ち、グルジア支配者の勢力や自信を承認しています。スヴェティスホウェリ聖堂 「命を与える柱」(11世紀建造)はムツヘタの中心に位置し、グルジアで最も古い教会の一つとされています。原型は4世紀にさかのぼり、歴代の王たちが眠ています。サムタウロ教会(11-13世紀建て)はスウェティスホウェリ教会の近くにあり、初代クリスチャンの王-ミリアン王が、キリスト教化に尽力した聖二ノの住居跡に建てたとされる教会です。
ウフリス・ツィヘ岩窟遺跡はカルツリ地方の政治や行政の中心になり、拡張してきました。住居や教会は町の中心にあり、貿易センターや名工の商店は町の南側に広がっていました。ゴリではスタ-リンが生まれた家やスターリン博物館を見学します。また、現地のレストランでランチができます。